健康的な食生活提案

サラダから、健康をはじめよう

サラダから、健康をはじめよう

私たちは野菜を摂取することの大切さはもとより
その栄養や健康的な食べ方、調理法など
サラダを通した健康的な食生活
「サラダ・ファースト」の普及、実践に取り組んでいます。

サラダファースト

サラダから始める健康的な食生活。8つの提案

  • 1.めざそう!毎日野菜350ℊ

    健康維持のために摂りたい野菜の目標量は1日350ℊですが、60~70gほど足りていません。
    不足しがちな野菜はサラダを使って摂りましょう。

    めざそう!めざそう!毎日野菜350ℊ
  • 2.たっぷり食べやすい加熱野菜

    野菜を煮る、焼く、揚げるなど調理の工夫で、様々なおいしさが引き出せます。
    また加熱でカサが減り、たくさん摂れるメリットも。
    柔らかく栄養も吸収されやすくなります。

    たっぷり食べやすい加熱野菜
  • 3.野菜を中心にバランス良く

    野菜を中心に、魚や肉・豆腐などの主菜、ごはんやパンなどの主食を揃えてバランスよく。
    朝食はしっかり、夕食は控えめに、3食規則正しい食事を。

    野菜を中心にバランス良く
  • 4.糖質をコントロールしよう

    普段から、糖質は少し控えめに。特に葉もの野菜は糖質が少なめです。
    サラダを毎日の食事に上手にとり入れて、糖質をコントロールしましょう。

    糖質をコントロールしよう
  • 5.まず、サラダから食べよう

    食事の最初に野菜を食べると、血糖値の上昇をゆるやかにし、インスリンの急な分泌を抑制する効果が期待できます。

    まず、サラダから食べよう
  • 6.はじめよう!朝ベジ習慣

    朝食を食べない人の多くは、野菜の目標量の1日350ℊを摂れていません。
    さっと飲める野菜スープや手軽なサラダがおすすめです。

    はじめよう!朝ベジ習慣
  • 7.サラダで食事を楽しもう

    色とりどりの野菜を使ったサラダや料理を囲んで、家族や気の合う仲間たちと食事を美味しく楽しみましょう。

    サラダで食事を楽しもう
  • 8.子どもたちにバランスの良い食事を

    野菜が少なくなりがちな子どもには、味付けや食感、切り方などを工夫したサラダを取り入れてバランスよく食べる習慣を。

    子どもたちにバランスの良い食事を