2016年

2016年07月26日

株式会社ロック・フィールド

土用の丑の日はうなぎだけじゃない!1日限定「黒リゾットコロッケ」発売 神戸コロッケ

株式会社ロック・フィールド(本社:神戸市)が展開する素材と製法にこだわったコロッケのお店「神戸コロッケ」は、「土用の丑黒リゾットコロッケ」を7月30日(土)に1日限定で発売いたします。


夏の土用は一年の中で最も暑さが厳しいとされる時期にあたり、7月の土用の丑の日には、栄養のあるうなぎを食べる風習が一般化していますが、昔からのいわれで、他にも丑の"ウ"が付くものや、丑の方角(北)を守る玄武の色にちなんだ"黒いもの"も良いとされています。


そこで神戸コロッケでは、イカ墨リゾットの黒色をメインにし、インナーのトマトソースの赤色、トッピングのチーズの白色が鮮やかな洋風リゾットコロッケに仕上げた「黒リゾットコロッケ」を発売することになりました。土用の丑を"黒食"で訴求する初めての特別商品です。また、トマトソースにはガーリックを効かせて、暑い季節にぴったりで後味にしつこさが残らない仕上がりにしています。コロッケをとおして、うなぎだけではない土用の丑の食の楽しみ方を提案いたします。


商品概要


黒リゾットコロッケ

商品名/税込価格
土用の丑 黒リゾットコロッケ/432円(個)

商品内容
イカを炒めて旨みを引き出し、アサリやイカ墨などを合わせて、風味豊かなリゾットに仕上げました。ガーリックを効かせたトマトソースをリゾットで包みこんだボリュームたっぷりのコロッケです。

http://www.rockfield.co.jp/brand/kc/

※写真はイメージです。
※一部、展開しない店舗があります。

【神戸コロッケについて】


神戸開港以来、西欧の生活文化の窓口として発展してきた神戸。居留地から伝えられた洋菓子、パンなど西欧の食文化は、神戸発の食文化として今日の日本へ広がりました。1989年、高度経済成長の時代、市販されているコロッケは冷凍が主流でしたが、神戸のハイカラな文化を背景とした本当に美味しく、安全・安心で、長く愛される神戸ならではのコロッケを作りたい一心で誕生しました。現在、デパ地下や駅ビルなどを中心に店舗を展開しています。



本件に関するお問合せ先

株式会社ロック・フィールド 秘書室広報グループ
(東京) 03-5843-6199 弓野 (神戸)078-435-2802 戸村・高谷