トップメッセージ

「The Mirai Salad Company」として、豊かなライフスタイルの創造に貢献を

代表取締役会長 岩田 弘三、代表取締役社長 古塚 孝志

代表取締役会長
岩田 弘三

代表取締役社長
古塚 孝志

 ロック・フィールドが創業した1972年当時、中食市場規模は約3,000億円でした。日本惣菜協会が発表した「2018年版 惣菜白書」によりますと2017年の中食市場規模は8年連続で前年を上回り、初めて10兆円を超えました。中食市場拡大の背景には、女性の社会進出や共働き世帯の増加などのライフスタイルの変化によって家庭における惣菜の存在感が増したことに加え、当社のような惣菜の専門店だけでなくコンビニエンスストアや食品スーパーなどの惣菜の販売強化が大きく影響しています。

 このように中食を取り巻く環境が大きく変化する中、当社は「The Mirai Salad Company」として、サラダ、野菜を通しての可能性を追求し、「SOZAIへの情熱と自ら変革する行動力を持って、豊かなライフスタイルの創造に貢献する」という理念のもと、事業に取り組んでまいりました。

 2017年12月に、神戸ヘッドオフィスに新しい創造型開発の拠点「クリエイション・ラボ」を整備し、新しい惣菜の価値創造へのチャレンジをスタートさせました。2018年に入ってからは、神戸ファクトリーでは、新たに製造技術開発ラボを設けて、料理の強化を図るとともに、生産フロアを増床しています。静岡ファクトリーにおいては、野菜の持つチカラを最大限に活かし、商品のクオリティを高めるための「野菜研究所」を創設しました。また日頃から店舗、工場の衛生チェックを着実に行っていますが、さらなる品質管理の強化、品質向上を目的として、神戸ヘッドオフィスの品質保証に関する設備、能力の拡張に取り組むなど、積極的な設備投資を行ってきました。

 また、2018年5月には人事制度を改定しました。定年年齢を65歳、定年後再雇用の上限年齢を75歳と段階的に延長し、また勤務地域、勤務時間を限定して働くことができる新しい正社員コースを新設しました。これは企業を取り巻く環境変化を見据え、従業員がやりがいと達成感を持ちつつ、安心して働き続けられる制度の整備を目的としています。

 これらの取り組みは、今後の更なる中食を取り巻く環境の変化に対応する当社の競争力の源泉となり、また人材確保難などの課題への対応策となることと確信しております。

 これからの社会環境の変化をチャンスと捉え、私たちの持つ経営資源を有効に活用し、「The Mirai Salad Company」として、より品質の高い商品提案、豊かな食の提案を通して、お客様の豊かなライフスタイルの創造に貢献できるよう一層力を尽くしていく所存です。今後とも皆さまのご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2018年9月
株式会社ロック・フィールド
代表取締役会長 岩田弘三
代表取締役社長 古塚孝志